幼児教育英才アカデミー・デイジーキッズ(旧早稲田教育研究所幼児教室)

子供の能力を決定付ける環境要因

子供の能力を決定付ける環境要因

小さなお子様は日常の様々な体験を教材にして成長していきます。
お子様の持つ能力は遺伝によるものもありますが、もう1つに育ってきた環境によって決定する部分も多いようです。
こちらではどのような環境がお子様の能力に影響するのかについてご紹介いたします。

生活環境(家庭)

お子様の知能の発達にとって、家庭環境の影響は見逃せません。
特に保育園入園前のお子様にとって、ご家庭=世界の全てとなります。
お母様やお父様の態度、ご両親の関係などお子様は家族と関わる中で様々なことを学びます。
幼児教室を訪れるお子様の中にはご両親以外の人と初めて深く関わるというお子様も多いです。

学習環境(学校)

幼児教室に興味を持ってご相談に訪れる保護者様は子どもにとってより良い環境を与えようと、幼稚園受験、小学校受験をを考えていらっしゃいます。
 子どもにとって、学校での学習環境は人間形成の上で大きな役割を果たします。ただ、目先のことだけでなく、高校、大学まで含めて考えてみましょう。

同年代の子供同士のコミュニティ

お子様は家庭にいる時間と学校で学習している時間以外には同年代のお友達と遊んでいることがほとんどです。
この子供同士のコミュニティは子供の能力開発に大きく影響します。
時にはそこで培われた能力が、社会に出たときの仕事に影響する場合もあるほどです。

 

例えば、集団をまとめるガキ大将タイプやその場の雰囲気を盛り上げるムードメーカータイプ、冷静に状況を分析する参謀タイプなど集団の中でどのような役割を果たしていくかが能力や人格形成を決定していきます。

 

東京都内でも港区や渋谷区は教育熱心な方が多いエリアです。
また、小田急線を利用して沿線のエリアから渋谷区の当教室を訪れる方もいらっしゃいます。
お子様の能力を伸ばす環境づくりには、周囲の教育に対する温度も必要です。
教育熱が高いエリアで、幼児教育を始めてみませんか?