英才アカデミー・デイジーキッズ(旧早稲田教育研究所幼児教室)

様々な子育てスタイル

十人十色という言葉があるように、人間の性格は一人ひとり異なるので、その人の性格に合わせて接していく必要があります。これはお子様にも当てはまることで、お子様に合った子育てスタイルを見つける必要があるのです。

4つの子育てスタイル

【独裁・権威主義タイプ】
子どもの意見や行動、姿勢を絶対的な権威でコントロールするタイプです。有無を言わせず親に従わせるスタイルなため、子どもは親の言うことは絶対と信じています。周りからは行儀のいい子に見られますが、不安感・自己評価が低い・鬱といった不安定さに悩んでいることが多いです。また、権力・能力を歪んだ見方で身に付ける可能性があり、社会的スキルの欠落が見られるケースもあります。

 

【許容タイプ】
上記とは反対に、子どもの意思を中心に子育てを行うスタイルです。温かみがあるので、子どもの感情的なニーズを包み込みます。特に規制を加えないので、子どもは自分の望むままに行動します。不安感・鬱などもなく、自己評価も高い傾向が見られます。しかし、いわゆる甘やかされて育つため誘惑に弱く、何かをやり遂げることが難しいという特徴が見られます。

 

【無関心タイプ】
最低限の衣食住は提供するものの、子どものすることに全く無関心な子育てスタイルです。このタイプに育てられた子どもは成長段階で必要なものが得られず、あらゆる面で欠落が見られます。非行に走る子どもの多くが、無関心タイプの家庭で育っているとも言われています。ネグレクトと取られることも少なくありません。

 

【民主的タイプ】
子どもの行動を規制しつつ、子どもの意思を尊重するという子育ての理想的なスタイルです。独裁・権威主義タイプと許容タイプの間でバランスを取りながら、状況に合わせた最善策を見つけていきます。創造性・計画性・リーダーシップなどを備えた、社会的に理想とされる人間に成長する可能性があると考えられます。

 

子育ては感情抜きに行うことは難しいため、どの親も民主的タイプを目標に全てのタイプを行ったり来たりしています。子どもの成長に合わせて、親も一緒に成長するのが子育ての醍醐味と言えるのではないでしょうか。

渋谷区代々木上原にある当教室では幼児教育とともに、子育てサポートを行っております。小田急線沿線にお住まいで幼児教育教室をお探しの方も、ぜひお気軽にお問い合わせください。