幼児教育 英才アカデミー・デイジーキッズ(旧早稲田教育研究所幼児教室)

早期教育と幼児教育の違い

小さな頃はすべてが発見の連続でした。自然現象や人との接し方、社会のルールなどから新たなことを発見し、学ぶきっかけを作っていきました。これが成長するということなのではないでしょうか。つまり成長は学びの結果だともいえます。未熟な幼児期において学ぶということは、大人の考える「お勉強」とは少し性質が異なるものではないでしょうか。
大切なわが子に質の高い教育を受けさせたいと幼児教室を探している方に、早期教育と幼児教育の違いについてご紹介します。

早期教育とは

早期教育とは、主に小学校入学前の未就学児に対して英語や算数、読み書き、音楽などの教育を行うことをさします。子どもの才能を早くから引き出し、自信をつけさせることができるというメリットがあります。しかしその教育を本当は子どもが望んでいなかった場合は逆効果になってしまいます。早期教育は子どもが楽しんで続けなければ意味がありません。習いごとに時間をとられ、お友達と遊びたいのに遊べないといった必要のない我慢を無理強いしてしまうと、心身の発達に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

社会経験のある親は、将来感謝する日が来るだろうと思いがちですが、子ども時代に感じた負の感情はなかなか消えず、大人になっても心のそこからの感謝の気持ちは出てこないでしょう。それよりも家族で出かけた楽しかった思い出や、お友達と遊んだ懐かしい記憶というものに幸せを見出す方がほとんどではないでしょうか。

幼児教育とは

幼児教育とは幼児の成長に合わせた遊びの中で、ひとりひとりの個性を伸ばす教育のことを指します。「遊びながら」というのがポイントで、楽しみながら無理強いさせないというのが早期教育とは異なる部分です。机や先生に向かわせて「やらせる」のではなく、自分から進んで学習する意欲を育てます。そのため幼児教育では親子が同じ方向を見ていなければなりません。そして得意なことを増やすためには、様々な刺激を遊びの中に盛り込み、しっかりほめてあげることが大切です。

 

小学校にあがり決められたルールの中で集団行動をするようになると、幼児教育で培ったことがいきてくると思います。自分で楽しみや刺激を探すようになり意欲的に学習すると、自然と能力も高くなっていくでしょう。学びが楽しかった思い出になれば、大人になってからも本人を支える柱となるかもしれません。

渋谷区にある当教室は遊びの中で発見し、学んでいくことができる幼児教室です。
楽しみながら学ぶ方法を身につけ、自ら成長できる土台を作るお手伝いをいたします。
教え込む教育ではなく、
お子様自身の個性や才能を伸ばす幼児教育を行っております。